てきすとぽい修正原稿。。

てきすとぽいさんの
第28回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉http://text-poi.net/vote/103/summary.htmlに、参加したのですが、ちょこっと直したくなってしまいました。
ので、ここにのっけます。
なんだ?? なんだ???
と思う人は、上記のリンクからルールを見てみてくださいね。

—–ここから↓
タイトル:間に合え!

「こんな形のものは今まで見たことがない!」
 雪国の声が、奇妙なほどにはずんでいた。
 振り返った雪国は、腰の拳銃すらそのままだ。
 俺は構わずサブマシンガンをぶっ放した。虚は見事に粉砕された。俺の腰にも拳銃がぶら下がっているが、そんなもんじゃ今日は太刀打ちできそうにもない。
 通常の虚は5センチほどのヒョロヒョロした物体で、1時間に5体ほど地表にふる。それを確実に撃ち落とすのが俺たちの役目だ。地表に潜るとそこから虚は、土を食い尽くし、増殖する。そうなるとその土地は焼き尽くすしかない。
 本日18時に虚が降るという予報官の予想は場所もドンピシャだったが、ここまで大粒とは聞いてない。こんな矢印の形なんて記録にないのじゃないのか? しかもでかい。
「まだまだ、ふってくる漆原!」
 雪国はそう言いながら、俺に向かって、手をのばした。俺は、腰の拳銃を雪国に投げた。雪国は二丁の拳銃をまっすぐに前に突き出し、正確にねらう。
「漆原、手をだすなよ!」
 また病気がはじまった。俺は見物に回る。
 雪国は、一発を矢印の先端に打ち込む。落下のスピードは少し落ちたが、虚は不格好になりながらも、まだ落ちていく。また一発。今度は矢印のお尻の部分に。落ち続けていく虚に。さらに三発。中央部分に、等間隔に虚に叩き込む。
 虚は四散した。
「5発打ち込めば、なんとかなるな。1個くらい捕獲できないか?」
 俺はがっくりと首を落とす。なんとかならないのか。この調査気質。俺は連続して降る三体にむかってぶっ放す。
「あれさ。そもそも、虚か?」
 雪国の拳銃が交互に火をふく。二丁拳銃になれば、狙いは甘くなるが、的は大きい。どこかにあたる。
「何を言い出すんだ。雪国」
「そもそも虚じゃなければ、攻撃する必要はない。弾もいらない。調べたい」
 この男のこの性格はなんとかならないのか。
「地面に入り込めば、卵産むんだぞ。俺たちの村は……」
「分かってる。地面に一匹たりとものめりこませるものか」
 弾がきれた。マガジンを交換するすきに一瞬注意がそれた。
 虚への警戒じゃない。雪国に対してだ。
 気がつけば、奴はヘルメットと防弾チョッキを脱ぎ捨て、飛び出していた。
 拳銃すら俺に押し付け、俺から離れようとしている。
「待て!」
 のばした手は空をきった。
「俺に降れ!」
 雪国は空を見上げ、虚にむかって叫んだ。
 [※ここに挿絵]
 すべての虚が雪国にむかって、のめりこむかのように見えた。間に合え! 俺のサブマシンガン!