月刊群雛が届きました

20150222_082745_resized
月刊群雛が届きました。
参加の記念に買ったのですが、うれしいですね。紙の本に対しては、格別の思いがあります。

ところで、
日本独立作家同盟がNPO法人化することになりましたね。

いろいろ記事を読む機会がありまして、
その中で
日本独立作家連盟がNPO法人に
冒頭に書いてありました。
————————————————————–
現在の自己出版(=セルフパブリッシング)には、三つほどの視点があります。

一つめは、専業の作家が作品の幅を広げるために行うもの。
二つめは、作家を目指す人が他者に自分の作品を知ってもらうために行うもの。
三つめは、自分自身、あるいはごく限られたコミュニティーに向けて行われるもの。
———————————————————抜粋ここまで

私は、圧倒的に3つ目だわ。。。。
そもそも分かっていたし、宣言もしているのですが、実感しました。

それならば、なんで「群雛」に参加しているのだろうか? 
しかも2回も。。。。

簡単な理由です!
「記念」です。
いろんな作家さんの作品と一冊の本になるんですよ。しかも素敵な表紙がついて。
しかも、校正をしていただける。
それだけで十分です。

将来的には、掲載基準も変わるかなあ??と思います。
今のうちになんていうんだ。こういうの「掲載逃げ!」

まあ、冗談はともかく、いろいろ思う人は思うところはあるんだろうし。
いろんな人がいろいろ居ていい。そういうことかなと。
そう思わないと小説は書いていられない気もします。