カテゴリー別アーカイブ: 週末夫婦、猫を飼う

最近のハマリもの

最初のきっかけは、ラジオから流れてきた曲でした。
「Pentatonix」 の 「Starships」
おお、格好いい曲だなあと。
よし、あとでチェックしよう!

実は、これは珍しいことでして、私は、音楽については、ほとんど好みというものが無いのです。クラシックもジャズも歌謡曲もパンクもレゲエもヒップホップも。
ふーん。
で、すます人です。
基本、右耳から左耳へと流れていく曲が多いです。
こだわりもないし、文句もつけないし、思い入れもないし。

めずらしく、耳にひっかかったのですね。それで、何曲か聞いてみたのですが、これがよい。
実に良いのです。Pentatonix
まず、これ、本当にアカペラ??? 
アカペラの常識がひっくり返ります。
一番有名なのは、「Daft Punk」だと思うので、貼っておきますね。。。

Pentatonix
なにより、声がいい。そして、若さ、疾走感。
すっかり気に入ってしまったわけです。

彼らが、「Sing Off」 というオーディション番組を勝ち抜いて、デビューしたというのを聞いて、なんとなく見たら、またハマリまして。。。
「Sing Off」は、オンリー英語で字幕もついていないので、三分の一も理解できていないとは思うのですが、歌番組のありがたさ。。勝ち負けはわかる!
というわけで、Sing Off Season3 を制覇してしまいました。。。
そして、さらにPentatonixはでていないのに、Season4 も、制覇して、家族には飽きられる始末。。。

なにしろ、2011年の番組をいまさら見ているんですから。。YouTubeでコツコツと。
自分でも、どうかしているとしか思えない。。。。

大学のコーラスグループもあり、ジャズがベースのチームもあり、女性のチーム、高校生のチーム、おじいちゃんチーム、各チーム特徴があるのです。

当然のことながら、歌は全員うまい。

Sing Off から、何曲か貼りますね。
まず、Pentatonix の ”Video Killed The Radio Star”
アカペラの常識が変わった一曲だと思うのです。もともと”Video Killed The Radio Star”が、好きな曲だったこともあって、すっかりお気に入りの一曲に。

つぎは、 Vocal Point というチームの ”Footloose” です。
Vocal Pointというチームは、大学のコーラスグループがもとになっていると思うのですが、とにかく若くて、元気で、よく動いて、ショーとして、とても楽しい。
悪ふざけしなくて、どこか上品なところがお気に入りです。。
大学のチームだと、パンツ一丁になったり、女性の審査員の手にキスをしたり、無駄な、受けを狙ったりするところが苦手でして。。。

つぎは、Season 4から、Home Free – “Oh, Pretty Woman”
定番ですが、アレンジがおしゃれで格好いい。
リードボーカルとベースがイケメンです。
女性必見!(←どこに売り込んでいるんだろう。私……))

これも、Season 4から、
Face Off – Home Free vs The Filharmonic – “I’m Alright”

これは、Season 4の企画で、Face Offという、チームの対決企画です。
2チームで協力して、1曲を仕上げてくるのですが、基本は対決するような形で仕上げてくるチームが多い中、2チームで良いものを作ろうという姿勢が好きです。
前半の練習風景も楽しそうで。。。

Home Free カントリーをベースとした、イケメンチームですが、踊りが苦手なのです。
The Filharmonic というチームは、フィリピンの青年たちのチームなのですが、踊りがキレキレで格好いいです。歌もノリノリな感じが良いのです。。
客席も、大騒ぎ!

これは、めちゃめちゃ楽しいから見てみて!
Face Off – Home Free vs The Filharmonic – “I’m Alright”

まあ、そういうわけなのですが。
小説は、書いています。。。頑張ってますよー。。。

次作の発行を、予定しています。
表紙の依頼もしちゃったよー。
近日には、発行予定??

がんばります。。。

1、2か月かかるかもしれません。(気弱になってきた。。。)

↓ こちらの続きですー。。。
  長い、前振り付きの、発行予定のお話でした。。。
【週末夫婦、猫を飼う】

週末夫婦、猫を飼う
週末夫婦、猫を飼う

posted with amazlet at 17.03.18
たらこくらぶ (2016-08-12)
売り上げランキング: 87,294

「、」について

「週末夫婦、猫を飼う」
中年夫婦が猫を飼う、のんびりした話です。
8/15-8/19まで無料キャンペーンの予定ですので、よろしかったらダウンロードお願いします。

週末夫婦、猫を飼う
週末夫婦、猫を飼う

posted with amazlet at 16.08.14
たらこくらぶ (2016-08-12)

今回、タイトルに少し悩みました。
というか、タイトルに「、」つけるのは、まったくもって納得できなかったので。
でもつけないとどうなるかというと

「週末夫婦猫を飼う」

何がなんだかさっぱりわからない。
もしかしたら、「週末夫婦猫」というネコ科の生物を飼う話だと誤解する人がいるかもしれない。
「ハハとムスメ」を書いたコユキキミなら、あり得るし。(きっぱり!)

じゃあ助詞をいれればいいんじゃない?

「週末夫婦が猫を飼う」

違うんだよ。違うんだよ。。なんか全然、ぐっとこない。
そうじゃない。そうじゃないんだよおおおお。
もたもたした感じがするんで、これは却下。

「週末夫婦ネコヲ飼う」

あああ。。なんか明治文豪的な雰囲気を醸し出してきましたが、そういう雰囲気は醸し出さないでいいんだよお。
それに、本編も全部 「猫」から「ネコ」に直さないといけない気がするし。。。

じゃあ、いっそまったく違うタイトルにするとか、

「天使猫たらこちゃんがやってきた」

のりのりすぎる、週末夫婦のだらだら感がでていないし。。
だめだ! もう本編で「週末夫婦」という言葉を使いまくっているし。
もう音的にこのタイトルしかありえないくらい、頭の中に定着しきっている。

というわけで「週末夫婦、猫を飼う」というタイトルになったというお話でした。。。

sachiさんのこと

今回の「週末夫婦、猫を飼う」の表紙は sachi さんにお願いしました。
sachiさんの、ホームページはこちら。→ http://ameblo.jp/kerocafe/

sachiさんは、前の前の職場の知り合いで、かれこれ10年来のつきあいだったりします。
彼女が絵を描いているのは知っていたので、いつかは表紙を描いてほしいと常々思っていました。
念願がかなったので、大変満足です。

なぜ、頼むのにこんなに時間がかかったのか、彼女のサイトを見ればわかります。
かわいいんだもん。。。

私の小説には、お願いできないタイプの絵柄で、なかなか頼めずにおりました。
(すみません。。。いつもお願いしているお二方、無茶ぶりして。。。)

どうせなら、「思い切り、かわいくしてください」って頼みたいじゃないですか。
今回は、猫が主役なので、うちの飼い猫の写真を送って、かわいい表紙をお願いしました。

しごく満足です。
いただいた下絵は以下の2点でした。
週末猫下絵1

週末猫下絵2
「PCいじっている感じもいいけど、猫っぽい表情のものもいいなあ」と迷っていたら、sachiさんが、猫っぽい表情で、PCいじっているのを作ってくれました!

即決です。。

というわけで、
「週末夫婦、猫を飼う」もしよろしければダウンロードよろしくお願いします。

週末夫婦、猫を飼う
週末夫婦、猫を飼う

posted with amazlet at 16.08.14
たらこくらぶ (2016-08-12)

群雛さんに感謝をこめて

月刊群雛が休刊になりまして、残念だなあ。とか、ついに来たか、とか色々なことを考えています。
やはり、寂しいなあというのが一番でしょうか。
群雛に、参加したのは3回
・2014年2月 創刊号

月刊群雛 (GunSu) 2014年 02月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~
NPO法人日本独立作家同盟 (2014-01-28)
売り上げランキング: 128,883

・2015年2月

月刊群雛 (GunSu) 2015年 02月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~
NPO法人日本独立作家同盟 (2015-01-26)
売り上げランキング: 145,776

・2016年1月

月刊群雛 (GunSu) 2016年 01月号 ~ インディーズ作家を応援するマガジン ~
NPO法人日本独立作家同盟 (2015-12-21)
売り上げランキング: 121,812

表紙がきれいで、毎回毎回「おおお」と感心しながら眺めていました。書く人も描く人もたっぷりいたけど、制作チームは、3名から4名で、大変そうだなあと感じていました(あちこちで言われていることですが)。作家側でできることは宣伝ツイートのリツイート、シェア、参加時にブログを書く。これは、自由意志でした。
私の参加は、見事に1年1回。これくらいのペースが私には「やっと」で、ちょうどよかったです。

群雛は、少しずつ参加ルールが変わってまして、創刊号の時は既刊枠がありました。その既刊枠で、で参加しました。参加した作品はコレ↓

むささびレディは君のために翔ぶ
たらこクラブ社 (2013-10-12)
売り上げランキング: 11,831

2015年2月に参加した時には既刊枠はなくなっていて、連載枠とかありました。
参加した作品はコレ↓

ハハとムスメ
ハハとムスメ

posted with amazlet at 16.08.11
たらこくらぶ (2015-10-20)
売り上げランキング: 145,490

この号では「ネタかぶり」している他の作者さんの作品がありまして、読んだとき「うわあ」と思ったのを覚えています。

ちなみに、2016年1月号では「ネコかぶり」しました。こういう配材の妙は、群雛さんならではと思います。早い者勝ちなので、何がくるかわからないですから。
ただ、2016年1月号より後の号からは、純粋な早い者勝ちではなく、ある程度ブラッシュアップした作品を載せるようになりました。

さて、群雛さんにお世話になったのは、これだけではありませんでして、「ハハとムスメ/あいどる・とーく (群雛文庫)」も、大きいです。

ハハとムスメ/あいどる・とーく (群雛文庫)
NPO法人日本独立作家同盟 (2015-12-08)
売り上げランキング: 201,719

なによりもうれしかったのは、神楽坂らせんさんと「コラボ」できたことでした。神楽坂らせんさんはここで語ることでもないですが、群雛を支え続けた作家さんの一人です。ぴちぴちしていて、躍動感あふれていて、「まぶしい」っていう感じの作品を書かれます。こういう方と一緒にやれたことは本当にありがたいことでした。

さて、2016年1月号で「ネコかぶり」した「週末夫婦、猫を飼う」を、短編3つ追加して、電子書籍で出すことにしました。
群雛さんにのせた短編を主軸にして、それにさらに短編を追加して、1冊に仕立てるという形式は、「ハハとムスメ」でもやった形式ですが、またやります。私にはあっている気がします。
公開予定の紹介文を載せておきますね。
——————-
「猫と暮らすということは、そういう不都合を一つ一つつぶしていく作業のような気がする」(本書より)

月刊群雛 2016年 01月号を、ほっこりさせたあの「週末夫婦、猫を飼う」がもどってくる! さらに、短編3本追加して、猫写真もついてくる!

妄想好きの妻とごくごく普通の夫が猫を飼い始めた。猫を飼うということはそれなりにいろいろとありまして、猫アレルギーやら、脱出対策やら、避妊手術やら、考えたり、悩んだり、ひっかかれたり、本当にいろいろあるんです。
しかもこの猫には、不思議な力が……。

収録作:
・週末夫婦、猫を飼う
・夫の彼女
・猫ビーム不発の日
・君は必殺仕事猫
—————-

「夫の彼女」とか興味わきません??
ともあれ、近日公開です。

そして群雛さん、いろいろお世話になりました。ありがとうございました。大いなる感謝をこめて。